メイン

+++森のタイニーハウス+++




森のタイニーハウス006

2015年05月23日

前回から、かなり進みました。


IMG_6197.jpg

薄目でだと出来上がってるように見えるかな?
実際はもう少し時間がかかりそうですが・・

続きを読む "森のタイニーハウス006" »

森のタイニーハウス005

2015年05月02日

ハンドヒューイング

何度も言ってしまいますが、
この”森のタイニーハウス”のログ材は全て手作業にて製材しています。
 
0001.jpg

斧やチョウナを使い製材することをハンドヒューイングといい、製材機等が、まだなかった時代からの製材方法にてつくっています。
 
h001.jpg
 
 
notch001.jpg
 
斧ではつりとられた平面は機械で製材されたそれとは違い、何とも言えない風合いがあるものです。

森のタイニーハウス004

2015年04月30日

前回からの続きです。

杉の木を使い、トラスを作製いたしました。

IMG_5120.jpg

続きを読む "森のタイニーハウス004" »

2015年04月11日

珍しく国産材を使用しています。

樹種は杉です。

先ずはサンプルを・・・

truss.jpg


さて何が出来るのでしょうか。

森のタイニーハウス003

2014年04月21日

久々の更新です。

notch001.jpg


最近の現場は倉庫での作業です。

soup furnitureさんの敷地内でのツリーハウスプロジェクト、スープの森のタイニーハウスをつくってます。


かなりゆっくりと進めているプロジェクトですが、少しずつ出来上がってきております。

森のタイニーハウス002

2013年06月15日

雨、降りませんね。
 
さて今日の現場です。

dovetail001.jpg
以前、ご紹介しましたスープファニチャーさんの
森のタイニーハウスです。シルログ(1段目のログのこと)が組めたところの写真。

これをあと8ラウンドほど組むのですが、手道具のみでつくるので、
思ってた以上に手間がかかります。ちょっと気が遠くなる作業です。
でもこのタイニーハウスが出来上がった時のことを想像すると・・・ワクワクしてきます。
 
 
 
下のイメージ図はお施主さんである
スープファニチャーの雄倉さんが描いたもの。良い感じです。

soupf001.jpg
画像をクリックすると大きく見れます。

ダブテイルログ

2013年05月29日

久々の更新です。

現在の現場をご紹介します。
今年に入ってから、大きな建物は手がけておらず、
最近はタイニーハウスばかりつくらせていただいておりまして、
今の現場は大津市北小松にありますSOUP FURNITUREさんの敷地内にある
スープの森、ここでじっくり手間をかけながら、タイニーログをつくらせていただきます。
005.jpg
近くには小川の流れている雰囲気の良い森の中にツリーハウスとして完成する予定です。現在、写真の状態で床だけは完成しています。この上にログが組まれていきます。
そしてそのまわりはスキップフロアにしてデッキで囲み、外で遊んだりくつろいだり出来るスペースをつくっていきます。(オーナーさんの描いたツリーハウスのスケッチ画があります。許可をいただけたらこのブログでもアップしますね)
 
 
 
ただ、今週から梅雨に入ってしまったので、
今は倉庫にてログシェルづくりに励んでおります。
001.jpg
今回のログは完全なハンドクラフトでつくります。
ハンドヒューイングという製法で、丸太を一本ずつ斧でハツリ、
太鼓状にしたログ材をダブテイルノッチという仕口で加工します。

完成するログはチンクダブテイルといわれる昔ながらの製法で建てられます。


昨日は丸太を仕入れに行ってきました。
010.jpg
めずらしく地元の材を使用します。丁度良いサイズの丸太がありました。


きっとスープファニチャーさんの
雰囲気に似合う良い感じのタイニーログが出来ると思います。


そうなるように、がんばります。

About 森のタイニーハウス

ブログ「LOG+LOG」のカテゴリ「森のタイニーハウス」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは最近読んだ本です。

次のカテゴリは現場日記です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。