ログハウスの基本がわかるウェブサイト 京都のログハウスビルダー『アトリエ・山林舎』が発信
 ログハウスで暮したい方からログオーナーまで
 あなたのログハウスライフを豊かにする為の情報サイト
ホーム
 
 
 
 
失敗しない
ログハウスづくり
ログハウスの価格
ログハウスの塗料選び
ログハウス木の種類
オーナーのこだわり
木の仕上げについて
ログ壁を腐れから守る
ログ建築中の謎のカビ
やってはいけないプラン
木の香りについて

ログ壁を腐れから守るには?
 

これはログハウスに住んでからのおはなし。
 
最近、傷んだログハウスの修復依頼やご相談をよくいただきます。
その中で特に気になる部分はログ壁のひどい傷みや腐れです。それ以外の部分でしたら比較的、簡単に修復しやすいのですが、構造体であるログ壁や土台などが傷むと最悪の場合、ログを差し替えなければなりません。
当然、このような工事は費用も高額になりますので、このような事態になる前に対策するべきです。
 
先ず、対策をする前に何故そのようなことになるのか?考えをまとめてみました。
今までの私の経験では殆どの場合、一段目から2段目までのログの一部分が腐っていたり、傷みがひどいことが多く、その原因は特に雨の跳ね返りがひどい場所です。
 
 
最も多い例をあげますと...
山林の別荘地では雨どいをしない場合が殆どです。その理由としては雨どいに落ち葉が溜まったり、雪が樋を破壊することが多い為ですが、この場合雨は軒先から垂れ流されることになります。その雨が落ちる下にはデッキがあることが多く、そのデッキに跳ね返った雨、又は積もった雪がログウォールを濡らし少しずつログ壁を傷めていくことになります。
 
 
これを防ぐ為には
・軒を深くする。
・雨どいをつける。
・塗装等のメンテナンスを怠らない。
・雪に埋もれた状態で放っておかない。
 
等、いろいろと考えられますが、どれも簡単なことで、誰にでも直ぐに解る事ばかりです。
又、普段からログ壁の状態を少しでも気にしていれば、ログの差し替えをしなければならないような事には絶対になりません。
 
 
最終的にはオーナーによる日頃のチェックと簡単なメンテナンスが大事だということです。
メンテナンスが面倒な方はログの健康チェックぐらいはできるはずです。そして、ログが湿っぽくなってきたり、カビ等が生えてきた場合はログ壁が傷みきってしまう前に私達を呼んでください。
 
 
 
 
 
 
ホームへ戻る
 
 
 
ホーム++ログハウスとは?++失敗しないログハウスづくり++セルフビルド?++用語集++ 山林舎?
Copyright (C) 2004 アトリエ・山林舎. All rights reserved     お問合せ  e-mail