ログハウスの基本がわかるウェブサイト 京都のログハウスビルダー『アトリエ・山林舎』が発信
 ログハウスで暮したい方からログオーナーまで
 あなたのログハウスライフを豊かにする為の情報サイト
ホーム
 
 
 
あなたのログハウスに細部のこだわりを・・・
 
ログハウスがお好きな方にはこだわり派の方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?
 
ログハウスを建築する場合、輸入物のハードウェア(建築金物)を使用することが多いのですが、普通の輸入物では飽き足らない貴方にはアンティークの部材や日本では殆ど販売されていない部材なんていかがでしょうか。
 
ここでは当店が以前、アメリカ・カナダより仕入れてきました部材や今後仕入れる予定の部材等を少しだけご紹介させていただきます。
 
 
 
アンティークのドアノブ
アメリカ製のドアノブです。
真中のガラスノブは1910年ごろに実際に使用されていたものです。
左はポーセリン(磁器)、右は真鍮無垢製です。
どれもアンティークとして、とても奥行きのある良い感じになっています。
通常使用されるタイタンやクイックセット等の輸入ノブも良いかもしれませんが、このようなアンティークノブを使用しても面白いと思います。
 
 
ドアベル
かなりアナログな見た目なコレの呼び名はドアベルです。
外国の映画等でピンポンを押すシーンで『ジーーー』ってなるアレです。
私は日本のインターホンがあまり好きになれません。
デザイン的なことと、使い勝手の部分でどうもダメなんです。
来客者に対して受話器越しに出る必要が無いと思う方やこういった
アナログ的なデザインが好きな方には是非お薦めいたします。
 
 
鍵付玄関ドアノブ
今時、こんな鍵穴がありますか?
こんな玄関ノブが自分の家についていたら楽しくなってきます。(私なら)
もちろん鍵の形は皆さんが想像するアノ形をしています。
ポインタを画像の上にもっていくとカギが見れますよ。
只、ピッキングには非常に弱そうですので、別の場所(ドアの下部や上部)にちゃんとしたロックセットをつける必要はあると思います。
 
 
スイッチプレート
アメリカ製のシンプルなスイッチプレート。
写真では珪藻土の壁で使用していますが、もちろんログ壁との相性もばっちりです。
 
 
ドアストッパー
一見は普通にあるシンプルなドアストッパーです。
しかし、コレは超優れものなんです。
実はこのドアストッパーは棒の部分がバネで出来ており、横から強い衝撃が加わっても折れたりその物がキズついたりすることがありません。
又、家の中を歩いていてこの類に足の小指が当たったことのある方!
もうこれさえあれば何度でも当たっても大丈夫ですよ。
 
 
メールスロット
ソリッドブラス製(真鍮無垢)で重厚なメールスロット(郵便受け)です。
玄関ドアやログ壁の一部をくり抜いて付けると良い雰囲気になるのではないでしょうか。これはイギリス製でカナダのあるお店にしか売っていませんでした。しきりにホームデポ(北米の大手ホームセンター)の商品とは一緒にしないでね。とお店のおばあちゃんが言っていたのを今でも思い出します。かなり良い造りの商品です。
 
 
アンティークネイル
昔ながらの製法を守りながら今でも造りつづけられている釘達です。
あまり多用するといやらしくなりそうですが、部分的に棚のフック等に使用すると面白い雰囲気づくりができると思います。
 
 
馬の蹄鉄
これは部材でもなんでもありませんが、
こういった物がさりげなく壁に飾ってあって絵になるのがログハウスの良いところではないでしょうか。
 
 

今回ご紹介した部材たちは如何でしたでしょうか。
 
今後、アトリエ・山林舎では他とはちょっと違う、こだわりの部材を見つけていきたいと考えています。そして、皆さんに良い物だけをお薦めしていきます。これからもどんどん面白い商品をご紹介していきますのでどうぞご期待ください。
 
又、自分のログハウスには、○○なハードウェアが使いたい等の
リクエストも受け付けていきたいと思います。
 
こだわり派の方!どうぞお問合せください。お待ちしております。
 
 
 
ホームへ戻る
 
 
 
ホーム++ログハウスとは?++失敗しないログハウスづくり++セルフビルド?++用語集++ 山林舎?
Copyright (C) 2004 アトリエ・山林舎. All rights reserved     お問合せ  e-mail